令和3年度の受賞作品が決定しました。
受賞者一覧はこちらで確認できます。
受賞者一覧PDF >>

下記かき昨年度さくねんど受賞作品じゅしょうさくひんです。

令和れいわ年度ねんど】あいサポート・アートとっとりてん 受賞作品

鳥取とっとり県内けんないより応募おうぼのあった総数そうすう419てん作品さくひんなかから、審査しんさいんによる厳正げんせい審査しんさおこない、各賞かくしょう決定けっていいたしました。

美術部門(びじゅつぶもん)

最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)

美術部門(びじゅつぶもん)絵画(かいが)

()

木村(きむら)  広美 (ひろみ)「花」

金賞きんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)絵画(かいが)

布野(ふの) 喜輝(よしき)
「無題」

金賞きんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)写真(しゃしん)

倉信
(くらのぶ)
 圭佑
(けいすけ)

「トンネル」

金賞きんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)()り)

おこんさん
「にじ」

銀賞ぎんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)立体造形(りったいぞうけい)

KM
「十二支」

銀賞ぎんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)書道(しょどう)

城田(しろだ) 貴徹(たかゆき)
「追」「逃」

銀賞ぎんしょう

美術部門(びじゅつぶもん)書道(しょどう)

竹歳(たけとし) 知倫(とものり)
「道になる」

銅賞どうしょう

美術部門(びじゅつぶもん)絵画(かいが)

浜辺(はまべ) 美佳(みか)
「ちゅーりっぷ」

銅賞どうしょう

美術部門(びじゅつぶもん)立体造形(りったいぞうけい)

Gの仲間達(なかまたち)
「お祭りワッショイ‼」

銅賞どうしょう

美術部門(びじゅつぶもん)写真(しゃしん)

安木(やすぎ) しのぶ()
「鼓動」

文芸部門(ぶんげいぶもん)

最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)

文芸部門(ぶんげいぶもん)()

米澤
(よねざわ)
 智治
(ともはる)
 「サザンカ」

金賞きんしょう

文芸部門
(ぶんげいぶもん)

()

加藤(かとう) ゆかり()
「私の生き方」

銀賞ぎんしょう

文芸部門
(ぶんげいぶもん)

()

福田(ふくだ) 英子(えいこ)
「MOUNTAIN TOP」

銅賞どうしょう

文芸部門
(ぶんげいぶもん)
短歌
(たんか)

根鈴(ねれい) 由美子(ゆみこ)
「想い出」

マンガ部門(まんがぶもん)

最優秀賞(さいゆうしゅうしょう)

マンガ部門(まんがぶもん)(よん)コママンガ)


(からす)店長
(てんちょう)
 「うなぎの4コマ」

金賞きんしょう

マンガ部門(まんがぶもん)(よん)コママンガ)

ゆっこ()
「Cute lovely」

銀賞ぎんしょう

マンガ部門(まんがぶもん)(よん)コママンガ)

益田(ますだ) (めぐみ)
「ポヨヨとポニー」

銅賞どうしょう

マンガ部門(まんがぶもん)(よん)コママンガ)

(ひびき)
「好きなもの」

審査(しんさ)(いん)講評(こうひょう)

美術びじゅつ部門ぶもん

新型しんがたコロナウイルス感染症かんせんしょう世界的せかいてき流行りゅうこうした今年ことしは、時代じだいをそれ以前いぜんとそれ以後いご区切くぎるような大変たいへんとしになりました。たして展覧会てんらんかいひらけるだろうか、そもそも作品さくひんあつまるだろうか。展覧会てんらんかいかかわるものとしてこのような懸念けねんをもちながら審査しんさ会場かいじょうかいました。
しかし 昨年さくねんくらべると50てんほどったものの、369てん意欲的いよくてき応募おうぼ作品さくひん出品しゅっぴんされ、いつもどおりたのしみながら審査しんさおこなうことができました。作業所さぎょうしょ経由けいゆした作品さくひんのほかに個人こじんからおくられてきた作品さくひんおおかったといております。この大変たいへん時期じきに、わることなく作品さくひん制作せいさくされたみなさん、それをサポートされた方々かたがたにまずは感謝かんしゃもうげたいとおもいます。

今年ことし審査しんさいん満票まんぴょうるずばけた作品さくひんはなく、審査しんさ段階だんかいとうじられたひょうもいつになくばらばらであったがいたします。
結果けっかとしてかくジャンルがまんべんなく入賞にゅうしょうしたこともこのてん関係かんけいしているでしょう。しかし出品しゅっぴんされた作品さくひんしつ例年れいねんおおきくわらず、個人的こじんてきには絵画かいが部門ぶもん抽象的ちゅうしょうてき表現ひょうげん注目ちゅうもくすべき作品さくひんおおかったようにかんじます。

最優秀賞さいゆうしゅうしょう木村きむら広美ひろみさんの《はな》はおおきな画面がめん無数むすうはなをびっしりとえがんだ労作ろうさくです。制作せいさくなんげつもかけたといております。おおきさもいろことなった無数むすうはな一面いちめんえがかれた様子ようすわたしたちの多様性たようせい暗示あんじしているのかもしれません。
このほかにも 丁寧ていねい緻密ちみつ時間じかんをかけたとかんじられる作品さくひんおおかったのも今年ことし特色とくしょくです。コロナ外部がいぶとの交流こうりゅう機会きかいったわりに、出品者しゅっぴんしゃ方々かたがたみずからの表現ひょうげんふかめる場面ばめんえたのかもしれません。

来年らいねんにはこのさわぎもおさまり、いつもどおりのしずかな環境かんきょうなかで、制作せいさく審査しんさおこなうことが出来できればよいとおも反面はんめんおおくの美術館びじゅつかん展覧会てんらんかい同様どうように「あいサポート・アートとっとりてん」も今後こんごどのようにコロナウイルスと共生きょうせいするかをかんがえる局面きょくめんにあるかもしれません。

美術びじゅつ部門ぶもん審査しんさいん 鳥取とっとり県立けんりつ博物館はくぶつかんふく館長(かんちょう) 尾﨑(おさき)信一郎(しんいちろう

文芸ぶんげい部門ぶもん

本年度ほんねんど文芸ぶんげい部門ぶもん出展しゅってん作品さくひんは、18てん短歌たんか11てん俳句はいく4てん川柳せんりゅう4てんの38作品さくひんでした。 どれも力作りきさくぞろいで、3めい審査しんさいんなやませました。かく審査しんさいん審査しんさ結果けっかをもとに、作品さくひん構成こうせい内容ないよう表現ひょうげん言葉ことばあつかいなどを検討けんとうし、各賞かくしょう入賞者にゅうしょうしゃ決定けっていしました。

最優秀賞さいゆうしゅうしょう サザンカ」米澤よねざわ智治ともはる
にち出来事できごと反省はんせいしながら、前向まえむきに努力どりょくしながらきている生活せいかつえる。木枯こがらしのなかに、うつくしくくサザンカのようにきたいという希望きぼうであり、サザンカが自分じぶんはげましてくれているものでもある。

金賞きんしょう わたしかた加藤かとうゆかり>
なか作者さくしゃ決意けつい表明ひょうめいがはっきりえる。作者さくしゃ見守みまもっている家族かぞく病院びょういんかたへの感謝かんしゃ気持きもちがつたわる。「わたしは、いま自分じぶんきだ。」とえることのすばらしさがつたわる。

銀賞ぎんしょう MOUNTAIN TOP」 福田ふくだ英子えいこ
構成的こうせいてきなところに無理むりがあるが、やまいただき高揚感こうようかんがある。作者さくしゃおもいがたくさんまっていて、「しょうがいからの挑戦ちょうせん情熱じょうねつのアートをたぎらせ瑞々みずみずしく応戦おうせんする」という気持きもちにあたまがるおもいです。

銅賞どうしょう短歌たんか おも根鈴ねれい由美子ゆみこ
ちちへのおもいがつよかんじる。「のある仕事しごとをするように」やさしく、きびしく、作者さくしゃ見守みまもっていたちち姿すがたがみえてくる。助詞じょし使つかかたすこ工夫くふうするともっとくなるとおもう。
言葉ことばこころきびしくさるものであり、またあたたかくつつんでくれるものでもあります。作者さくしゃおもいが言葉ことばとなって、作者さくしゃ以外いがいかたとの交流こうりゅう共感きょうかんみます。

審査しんさにあたって、38てん作品さくひん共感きょうかんし、敬意けいいひょうします。 今回こんかいは、全体的ぜんたいてき作品さくひん上位じょういめました。今後こんご短歌たんか俳句はいく川柳せんりゅうへの応募おうぼにも期待きたいしたい。

文芸ぶんげい部門ぶもん審査しんさいん 鳥取県とっとりけん川柳せんりゅう作家さっか協会きょうかい 西浦にしうら幹茂みきしげ

◎マンガ部門ぶもん

どの作品さくひん画力がりょく表現力ひょうげんりょく、コマはこびなどレベルがたかく、大変たいへんなや審査しんさになりました。

最優秀賞さいゆうしゅうしょう
No.158「うなぎの4コマ」は、キャラクター、小物こもの背景はいけいまで抜群ばつぐん画力がりょくです。半透明はんとうめいのフキダシ、人物じんぶつまわりをぼかしたシロフチなど最近さいきんのマンガ作画さくが作法さほうをさらっと使つかっていてうなりました。人物じんぶつくらべて背景はいけい彩度さいどとす空気くうき遠近法えんきんほう見事みごとです。また、オオカミくんにオオカミのおめんをかぶせたことに、哲学的てつがくてきいかけをかんじます。

金賞きんしょう
No.58「Cute lovely」は、 一見いっけん簡単かんたんえがけそうなシンプルキャラですが、せんはぶかたにセンスをかんじます。これほど簡単かんたんなキャラクターがイキイキとしてえるのは、キャラクターデザインの完成かんせいたかく、効果こうかせんなどマンガてき作法さほうをしっかりさえているからです。

銀賞ぎんしょう
No.135「ポヨヨとポニー」は、鉛筆えんぴつでさらさらとえがいただけにえて、じつはなかなか手慣てなれたです。「失敗しっぱいしても大丈夫だいじょうぶ」という愛情あいじょうにあふれたメッセージをかんじます。4コマ蝶々ちょうちょ余韻よいんうつくしいです。

銅賞どうしょう
No.134「きなもの」は、はじめの3ぎょうわりの3ぎょうのような告白こくはく審査しんさいん一同いちどう共感きょうかんしました。こういうつぶやきは、よく散文さんぶんかたち発表はっぴょうされますが、よくぞマンガにしてくれました。4コマにとらわれず、ぜひ長編ちょうへん挑戦ちょうせんしてみてください。

マンガをえがたのしみをかんじる素晴すばらしい作品さくひんばかりで、おおいに刺激しげきけました。次回じかいたのしみにしています。

マンガ部門ぶもん審査しんさいん マンガクリエーター 角田つのだおさむ

)